MUSIC

KETSUMEISHI

Japan

Making their major label debut with the single “Familiar” in April, 2001. Ketsumeishi has created number of sleek yet personable and highly addictive songs with their unique style of adapting any type of genre of music to their hip-hop and reggae flow.
Ketsumeishi is known for their rich vocabulary and unique point of view of everyday emotions and sorrows in their love, friendship, motivation and party songs with a hint of social satire and dirty jokes.

Their live performances are also highly rated and have done 6 national tours. Fans can experience multiple emotions from laughter, sorrow, excitement and inspiration, all in one show. Their latest nationwide arenas tour “”Ketsumeishi KTM TOUR 2017 Roppongi Great Circus team of Phantasmal: Flat-out this is a party!!” kicked off in March 2017, performing 29 shows in 14 prefectures in Japan.

2001年4月、「ファミリア」でメジャーデビュー。ヒップホップとレゲエを下敷きにあらゆるジャンルを飲み込むスタイルで、スマートながらも人間味が伝わってくる中毒性の高いナンバーを連発。

2005年2月に発表した「さくら」は初のシングルチャート1位を獲得。同曲を含むアルバム『ケツノポリス4』は国民的ヒットを記録し、ケツメイシの人気を不動のものにした。

人生の機微にふれる歌詞には定評があり、ラブソングをはじめ、友情ソング、人生応援ソング、パーティーチューン、社会風刺から下ネタまで、豊富な語彙と独特の着眼点で日常の喜怒哀楽を巧みに切り取る。

ライブパフォーマンスも評価が高く、これまでにアリーナツアーを含む6回の全国ツアーを開催。笑いと涙、興奮と感動が一度に味わえるステージで多くの観客を魅了している。

2017年3月からは全国アリーナツアー『KTM TOUR 2017 幻の六本木大サーカス団「ハッキリ言ってパーティーです!!」』を開催。
2017年7月19日に、DHC[F1]ミネラルベースメークシリーズCMタイアップ曲にもなっている34th Single「はじまりの予感」をリリース。

Facebook にシェア